読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旗竿地にシャーウッドで秘密基地を建てる!

オタク共働き夫婦が東京で積水ハウスの家を建てるまでのブログです。

ついに地鎮祭&工事開始!

こんばんは。うどんです。

久々にオンタイムの記事を書きたいと思います。

 

まだ打ち合わせの記事が追いついていませんが、建物の外壁の確認申請を経て地鎮祭、建設開始となりました!

 

地鎮祭について

詳しい話を説明しているブログはたくさんありますので、詳しい説明は避けますが(ほぼ理解していない)一つの区切りとして地鎮祭をGW中に実施しました。

とはいえ、完全に確定したのは外壁周りのみで内部はまだ全ての項目が確定したわけではありません。

建築のスケジュールを重視して進めることになりました。

 

当日は晴れており絶好の?地鎮祭日和でした。

f:id:udon0325:20170508224212p:plain

草ボーボーだったがうちの土地が少しだけ草刈りされてます!

現地に到着した時には既に神主様が祭壇を準備されておりました。

 

基本的に進行は全て神主様が指示してくれるため、突っ立っているだけで良いです!

進行の大まかな流れですが、うろ覚えですがこんな感じです。

御祓いをしてもらった後、神様を土地に降して捧げ物をします。

その後、土地の四方に花びら入りのお米?をまきます。

f:id:udon0325:20170508224836p:plain

 

その後は積水の営業D氏が盛り土に刺さっている木を抜いて

盛った土に施主(うどんの事です)、営業のD氏、現場監督さんが鍬を入れます。

最後に現場監督さんが鋤を入れて工事の開始の儀式は終了です。(それぞれ正式名称ついてましたが忘れました。。。)

ちなみに鍬を入れるときに掛け声をかけるのですが、営業のD氏はやりなれているのか普段の喋りから想像もつかない凛々しい声でした(笑)

f:id:udon0325:20170508225740p:plain

最後に建物の基礎に埋める鎮物を盛り土にさす、玉ぐしを奉納する、お神酒を頂いて終了でした。

特に何も準備しなくても神主さんや営業さんがフォローしてくれるので事前準備はしなくても良いのですが、唯一終わった後鯛一匹もらったのが計算外でした。

後でうどん嫁がかなり苦労しながらさばいてました。。。

 

工事の開始

地鎮祭後、少したってからついに工事が開始です。

うどん嫁が仕事の後すぐに見に行ったのですが、重機が数台入り工事を行っておりました。

f:id:udon0325:20170508230339p:plain

今回うどん家の土地は残念ながら地盤改良が必要な土地だったため、地盤改良を行っている所です。

土地って何もないと数値の割りに狭いな~と感じてましたが、いざ土地に囲いをしたり重機を入れたりしていると旗竿なだけにかなり広いな。。。という印象に変わりました(笑)

次は基礎を打ってるところを見たいと思っています!しばらくは雨が降りませんようにと願うばかりです。