読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旗竿地にシャーウッドで秘密基地を建てる!

オタク共働き夫婦が東京で積水ハウスの家を建てるまでのブログです。

旗竿地について 2

こんばんは、うどんです。

 

旗竿地についてどの様に考えたか続きを書いていきたいと思います。

旗竿地のデメリットについて

 

旗竿地のデメリットについてよく言われる物を一つ一つどの様に感じたか書いていきたいと思います。

日当たりが悪い

旗竿地は全方位に家が建つため、日当たりが悪いと言われます。

確かにうどん家でも下図の様な立地の為、日があたるのは朝日と夕日ぐらいだと思います。(下が南、上が北でオレンジ色が建ってる家です。)

f:id:udon0325:20170509220118p:plain

ただ、うどんやうどん嫁個人の意見ですが、お日様があたる事ってそこまで重要じゃないんじゃない?と思います。

実際に南道路に面していて、大きな窓を設けているお家でも日中からカーテンを閉めていたりしていますし、いくら家の性能が良くても真夏の太陽を窓から浴びたりするのは部屋の中が暑くなったり、そもそもプライバシーの問題があると思います。

最低限洗濯物に関しては洗濯物を干す部屋を脱衣室と併用し2階に設置して日光は確保。寒さに関してはシャーウッドの性能+床暖房で何とかなるだろう。。。と思います(勝手な考えですが)。

ちなみにうどん家はかなり窓が少ないです。設計を見てもらった方に今時の家は窓が少ないねーと言われるレベルです。ちなみに窓が少ないのは家のことを色々教えてもらった営業さんおよびFPさんの影響です(笑)

他に旗竿地で建てている方で、日光が欲しい方は2階にリビングを持ってきたり吹き抜けを作ったりで日当たりを確保したりしてる方も多いみたいですね。。。

 

風通りが悪い

こちらも家の周りが込み合っていることにより風通りが悪く、湿気が充満する。という物です。

ただ、良く考えるとビル風という言葉があるぐらい建物の周りって風が吹く(はず)かなと思います。家は形状が複雑なのであまり吹かないらしいですが、それでも無風と言うわけでも無いだろうと言う予想です。また、今の家は気密が高いですしうどんは熱がりなので、そもそも夏は窓開けなくてクーラーにするから問題ありません(爆)

また、躯体への湿気も怖いですが、下の様なシャーウッドの湿気対策等もあるのでここは大丈夫!と思ってます。

f:id:udon0325:20170509223446p:plain

 

またうどん家は第一種換気のアメニティシステムも搭載していますので、屋内の湿気などもある程度は対応可能!という甘い考えでおります。カビは怖いのでここは少し不安なところかなと思います。

 

プライバシーが無い

確かに、プライバシーはありません。現地行っても周りの家は近いです。

ただ、うどん家の場合、1階で外から全身が見える窓は実は一箇所しかありません。

その全身が見える窓は他家の壁の為ほぼ見えない部分になります。

うどん家はインナーバルコニーがあり、そこに面している部分は大きく窓を取っておりますが、外壁で囲っている部分のため少なくともリビングは外からほぼ見えなくなります(隣地の2階から少し見えるかな?ぐらい。)。

更に上で書いたとおりうどん家は窓がほぼありません。なのでプライバシーはほぼ守られるもの!と思っています。

 

まとめ

うどん家の様に、日光は別にリビングには必要ない!夏はクーラーかけるから風通しもそんなにいらない!インナーバルコニー作ってるから外から見えない!みたいな事を考える方は少数かもしれませんが、こう言った割りきりが出来たからこそ旗竿地を買う決断が出来た。。。かもしれません。

 

ここまで書きましたが、上記の内容はあくまで自分たちの想像と営業D氏の入れ知恵により決断したものになります。結果デメリットはどんな感じになったのかは家が建った後また書きたいと思います。