読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旗竿地にシャーウッドで秘密基地を建てる!

オタク共働き夫婦が東京で積水ハウスの家を建てるまでのブログです。

モデルハウス見学1日目(積水ハウス)

と言う事で、モデルハウスの初見学です!

まずは積水ハウスに行きました。

入った瞬間受付の人がお出迎えです。

 

事前に調べていて個人情報は出さない!(積水ハウスなら知り合いから営業さんを紹介してもらう予定だった)と硬く誓ってましたが。。

 

うどん「あの、営業さんは紹介予定なので。。」

受付「受付に必要なのでかけるとこだけ書いてくださいねー(威圧)」

はい。。。うどん撃沈です。名前、住所、電話番号も含め正直に書きました。

 

後から知ったのですが、このときは名前だけでも良かったりするのですね。。。他の会社に行った時、後々電話等の攻勢を受けることになりました。

 

感じの良い営業さんが来て一通り説明を受けました。

元々「積水ハウス=鉄骨」のイメージでしたので、イズロイエ(参考=

IS ROY+E(イズ・ロイエ)| 戸建住宅 | 積水ハウス

と呼ばれる二世帯住宅の説明を受けました。

 

第一印象は、「戸建てなのにマンションぽい!」でした。マンションやビル特有の密閉されている様な感覚を受け、不思議だったのを覚えています。

 

また、色々な方が書かれているかと思いますが、モデルハウスは確かに夢膨らみます。

また、「大きいリビングがいいなー」とか、「アイランドキッチンがいいなー」等うどん(嫁)と話し合いながら営業の説明を受けます。また、営業さんも快く色々触って体感してほしいといって頂き、初のモデルハウスを満喫しました。

特に耐震性を重視する。という事だったので、躯体の話は色々と聞き、説明を受けました。

 

営業さんの説明の中で、特に印象に残っているのは、

積水ハウスの外壁はダインコンクリートという物を使っており、遮音性に優れています!雨の音すら聞こえないです。」

積水ハウス地震については過去の地震を何回も実地シミュレーションして耐震性を調べているので、耐震性は問題ありません!」

「今まで阪神大震災東日本大震災、熊本の大地震で倒壊した積水ハウスの建物は0です!」

「うちは永久的に外壁はメンテナンスフリーです!目地だけ30年目?(←記憶曖昧)に一度交換するだけでOKなので、最初は高いですがメンテナンス費はお得ですよ!」

といっていたことでした。

自分たちの中では大満足の家だったのですが、最後の"永久的にメンテナンスフリー"という言葉に少し疑問を持ったモデルハウス見学でした。。。

 

↓↓↓参考になったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村