読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旗竿地にシャーウッドで秘密基地を建てる!

オタク共働き夫婦が東京で積水ハウスの家を建てるまでのブログです。

モデルハウス見学一日目(一条工務店)

積水ハウス見学後、一条工務店の見学に行きました。

一条工務店を選んだ理由は、これまた「耐震性優れているから」です。

当初鉄骨で建てたい!とうどん(嫁)が言っていたのですが、これはうどんから無理にお願いしました。

 

一条工務店のモデルハウスに入った瞬間「暖かい!」と感じました。

1月だったので外はかなり寒かったのですが、中は別世界の様です。

玄関も広く開いていたのですが、自動扉が閉まった瞬間寒さが吹き飛んでいました。

 

ここでも氏名や住所を記載した後、営業さんに案内をしてもらいました。

ここで初めて、一条工務店が「高断熱・高気密」に力を入れている事や、「全館床暖」が標準装備である事を知りました。

更に一条工務店は基本的には家の値段は延べ床の坪数で決まる為、有る程度複雑な形にしても、建物の床面積が同じなら金額が変わらない!(積水ハウスだと外壁の面積で計算される為、複雑な形にすると金額がアップします)と言う事も

また、木造なのにマンションっぽい空気で有る事(機械を入れ吸排気を行うロスガードを採用)もマンションでも良かったうどんには好感触でした。

 

ここまで記載して分かる通り、モデルハウス一日目うどんの視点だと一条工務店がベスト!という結果になりました。

では何故二人ともならなかったのか?という疑問ですが、うどん嫁の印象として没個性的になる。と言う物がありました。

電子カタログを貸していただき家に帰った後色々見ていましたが、水周りを色々比較して決めたい。。。という思いが強かった様です。

いきなり意見が割れてしまい暗雲が立ち込めましたが、今今うどんとうどん嫁がどの様な物を重視するかはっきりしただけでも良かったかな?と考えました。

 

うどん家は一日二社(うち積水は2回行ってます。)しか回れませんでしたが、実際に昼前から行ってこの時間です。躯体の説明等が必要なのと営業さんからの営業トークなどを聞くとどうしても時間がかかってしまうんだなーと思った一日でした。

 

とはいえ、勉強になったので次の週も行ってみよう!となったのでした。また、家についても少しだけ具体化された様な感じになったため、自分たちで土地を見回ってみよう!と近くの不動産屋に登録も行いました(HMの営業さんを通しての土地探しは営業トークさばくのがめんどくさそうだなーと思ったため。。。目星をつけたら営業さんにも参加してもらう作戦です。)

 

↓↓↓参考になったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村